米アップル、指紋認証センサー統合型ディスプレイの特許が承認される

Phone Arenaは6日(現地時間)、米アップルによってUSPTO(米国商標特許庁)に申請されていた「指紋認証センサー統合型ディスプレイ」技術に関する特許が、新たに発見されたことを伝えています。

記事27.1

今回の特許が仮に実現されれば、「TouchID」センサーを介さず、ディスプレイに指を置くだけで指紋認証関連の機能やサービスを利用することが可能になります。また、「最大で4つ」までの異なる指紋を同時に認識することができるようになる、とのこと。

既に先日には、アップルによって申請された ”ほとんど折り畳み可能なフレキシブルディスプレイ” に関する特許(過去記事)も発見されているほか、「3Dディスプレイ」を開発している可能性を指摘する声も時折聞かれます(過去記事)。

記事27.2

大半は製品化されることなく立ち消えてしまうのが特許の常ではありますが、果たして今回伝えられる最新特許もその例に倣ってしまうのか。

実現すればiOSデバイスの可能性が大きく広げられる技術なだけに、そうはならないことを期待しつつ、続報を待ちたいと思います。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます