Apple Watch、発売開始時点で「10万個以上」のアプリを用意か

Phone Arenaは25日(現地時間)、米アップルが4月中の発売開始を予告する「Apple Watch」においては、リリース当初から「10万個以上」のアプリが提供される可能性が新たに指摘されたことを伝えています。

記事135.1

なお今回の情報は、過去6度に渡りApple Watch-Kitのハッカソンに参加した実績を持つ米Global Equities Researchの共同設立者の一人、トリップ・チョウドリ氏によってもたらされたもの。

その信憑性の程は定かではありませんが、既に120万個以上ものiOS用アプリを揃えるエコシステムの存在を鑑みるに、少なくとも実際にApple Watchが発売された暁には、専用アプリ数が10万を超えるのにそう時間は掛からなさそうに思えます。

しかし一方では、機能とセンサー類が大幅に削減される見込みとも伝えられており(過去記事)、少なくとも当初アップルが想定していたよりも ”緩やかな発進” となる可能性は高そうです。

[Phone Arena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます