米Corning、「Project Phire」の開発を正式発表 ―サファイアグラスに迫る耐傷性能

The Vergeは6日(現地時間)、非常に優れた液晶保護素材として高い評価を得る「Gorilla Glass」シリーズでお馴染みの米Corningが、今回新たに ”サファイアグラス並みの耐傷性能” を実現した新素材「Project Phire」の開発を正式発表したことを報じています。

昨年の11月後半に「Gorilla Glass 4」を新たに世に送り出したばかりですが(過去記事)、今回早くも野心的な新製品を開発中であることが明らかになりました。なお、実際の出荷時には、異なる製品名が与えられることになる見込みです。

記事28.1

先日発表された「Goriila Glass 4」

これまでCorningは、サファイアグラスの耐傷性能を高く評価しつつも、落下などの衝撃などに対する耐久力(耐衝性能)については否定的な態度を貫き、自社製品の方が総合的な保護性能としては優れていることを主張し続けてきました。

しかし、新たに発表されたProject Phireは、Gorilla Glass 4の耐衝性能と、サファイアグラスに迫る耐傷性能とを併せ持つ ”夢のような新素材” となる、とのこと。また、これに対してThe Vergeは、この新製品はサファイアグラスに強い興味と関心を示すアップルを逃すまいとするCorningの策の1つであることを指摘しています。

発表された供給開始時期は「今年後半」。早ければ今年中にもこれを採用した製品にお目に掛かれるかもしれません。The Vergeの指摘を鑑みるに、次期iPhoneシリーズやiPadシリーズなどへの搭載にも期待できそうです。

[The Verge]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます