DirectX 12では「異種混合マルチGPU」が実現される見込み

WCCFtechは25日(現地時間)、米マイクロソフトが「Windows 10」への実装を謳う、次世代ローレベルグラフィックAPI「DirectX 12」においては、異なる種類のGPU同士でマルチグラフィック処理を行うことが可能になる見込みであると伝えています。

記事137.1

現在、一般的にマルチグラフィックスと言えば、米NVIDIAの提供する「Geforce」シリーズを利用する「SLI」や、AMD製の「Radeon」シリーズによる「CrossFireX」のどちらかかが例に挙げられることがほとんどですが、原則的には ”同じ種類のGPU同士” でのみ構成されることになります。

しかし、今回伝えられるところによると、DirectX 12が実装された環境下においては、その垣根を越えて、”異なる種類のGPU” を複数用いてマルチグラフィックス処理を実行することが可能になるとのこと。

さらに、先日には米AMDの幹部によって、DirextX 12や「Mantle」環境下においては、マルチGPU構成時に「VRAMの完全なスタック」が実現される可能性が示唆されています(過去記事)。なお、”DirectX 12 + α” を謳うMantleにおいても同様の技術は実装されるものと推察されます。

記事137.2

仮にこれらが実現すれば、GeforceとRadeonを組み合わせるのみならず、米Intel製CPUに統合される「Intel HD Graphics」チップやAMDのAPUに統合されるGPUと、高性能なディスクリートGPUをまるで一つのGPUであるかのように振る舞わせることも可能になるかもしれません。

ただし、実際にこの新技術が実運用に耐えるクオリティで実装されるには、超えなくてはならない障壁が山積しています。完全に非同期な「SFR」(Split Frame Rendering)処理の実装はその代表例と言えますし、例え技術的には可能であっても、そもそもNVIDIAやAMDが ”他社製品を前提にしたマルチグラフィック技術” を積極的に推進・サポートするとも思えません。

記事137.3

まだまだ実現への道のりは遠く険しそうですが、それだけに我々エンドユーザーが与る恩恵が大きいのもまた事実。多くのエンジニアやプログラマーに熱い声援を送りつつ、その日が訪れるのを待ち望みたいと思います。

[WCCFtech]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます