The Vergeは25日(現地時間)、サムスンのノルウェー支社によって新たな「噂」が公開されたことを報じています。既にこれまでに4つの、Galaxy S6に実装される新機能を示唆する噂が公開されてきており(過去記事[1][2])、今回で5つ目となります。

記事134.1

フロントステレオスピーカーの搭載、より頑丈な構造のボディの実現、デュアルエッジスクリーンの採用、より大型なディスプレイの実装。これらに引き続き、今回彼らによって示されたのは、「全面ガラス製のボディ」が採用される可能性です。

確かに、先程お伝えしたGalaxy S6の実機を捉えたとされる画像においても、ガラス製のバックカバーの存在が確認されています。また、先月には、「Galaxy S6には金属製のサイドフレームが搭載され、バックカバーにはガラス素材が採用される」ことを指摘する情報も(過去記事)。

記事133.2

先日公開された「4つ目の噂」

さすがに端末全体がガラス素材で構成されるということは、耐久性の観点から見てもあり得ないとは思います。しかし一方で、仮にGalaxy S6 Edgeがデュアルエッジスクリーンを搭載し、バックカバーにもガラス素材が使用されるとするならば、端末の上下辺を除くほぼすべての面がガラス素材で覆われることになります。

サムスンの手のひらの上で踊らされているようで少々悔しいですが、今はあれこれと想像を膨らませつつ、正式発表を楽しみに待ちたいと思います。

[The Verge]