Galaxy S6には、無料のOffice 365がプリインストールされるという噂

Neowinは13日(現地時間)、サムスンの次期フラッグシップモデル「Galaxy S6」においては、米マイクロソフトの提供するサブスクリプションサービス「Office 365」が無償でプリインストールされる可能性を伝えています。

記事6.1

サムスンに関する情報の量と質とで一定の評価を得てきたSamMobileが、今回の情報の出所となります。伝えられるところによると、次期Galaxy Sシリーズに実装される「新型TouchWiz」においては、多くのブロートウェアが排除されると同時に、それらがマイクロソフト製のソフトウェアに置き換えられる見込みとのこと。

あくまでも噂の領域を出ない情報ですが、仮に事実だとするならば、「TouchWizは、シンプルかつ軽量なUIへと洗練される」とするこれまでの情報(過去記事)と相反する動きのようにも思えます。

記事6.2

しかし、ここで注目したいのは、両社によって長らく繰り広げられてきた特許料の支払いを巡る法廷闘争が、数日前についに和解をもって終結したという事実です。そして、ここ最近のマイクロソフトがAndroidやiOSプラットフォームへの進出を積極的に狙っていることも(過去記事[1][2])、この情報の信憑性を高めているようにも思えます。

また、先日報じられた加BlackBerryとの緊密なパートナーシップ提携のことを思うに(過去記事)、エンタープライズ業界からの需要を獲得しようと画策するサムスンが、ビジネスにおける必須アイテムとも言える「Officeアプリ」を自らのプラットフォームに取り入れようとするのも、ごく自然な動きなのではないでしょうか。

いずれにしても、今はただ3月1日の正式発表を待ちたいと思います。

[Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます