「HTC One M9 Plus」のスペック情報が新たに発見される

Phone Arenaは19日(現地時間)、台湾HTCの次期フラッグシップモデルと目される「HTC One M9 Plus」とされる端末のスペック情報が、ベンチマークサイト上に登録されているのが発見されたことを伝えています。

記事92.1

上がそのスペックシートですが、一見してまず目を引くのが、SoCの項目です。どうやらこの「HTC 0PK71」という端末には、米Qualcommの誇るSnapdragonシリーズではなく、台湾MediaTekの手掛ける64-bit オクタコアSoC「MT6795」が搭載されている模様です。

仮に指摘される通りにこの端末がHTC One M9 Plusであるとするならば、HTC製の超高性能なファブレット端末を待ち望んでいたファンにとっては、落胆すべき情報のようにも思えます。

記事92.2

「Snapdragon 805」搭載のGalaxy Note 4との比較[1]

しかしながら、既に先日伝えられた情報の中でも、One M9 Plusは「Snapdragon 800」を搭載した他端末にベンチマーク上で敗北を喫しているほか、MT6795を搭載する可能性が指摘されていました(過去記事)。

また、一方でMediaTek製のSoCが搭載されるのは ”中国市場向けモデル” のみとする情報も伝えられており(過去記事)、もしかするとグローバルモデルにはQualcomm製のチップが採用されることになるのかもしれません。

記事92.3

Galaxy Note 4との比較[2]

しかし画面解像度はともかくとして、「5.1インチ」というディスプレイのサイズが気になります。「5.0インチ」ディスプレイを搭載する見込みの「HTC One M9」との差別化を図るには小さ過ぎる気もします。

あるいは、この0PK71はOne M9 Plusではなく、別のバリエーションモデルや先日スペックがリークされた「A55」なるDesireシリーズの最新モデル(過去記事)の可能性も考えられそうですが、果たして実際はどのような展開になるのでしょうか。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます