世界初のLTE対応スマートウォッチ「LG Watch Urbane LTE」、MWC 2015で正式発表

韓国LGは26日(現地時間)、スマートウォッチとして ”世界初のLTE通信対応” を果たす「LG Watch Urbane LTE」を、MWC 2015にて発表することを正式に明らかにしました。

記事141.1

この新型スマートウォッチは、既に先日発表された「LG Watch Urbane」のLTE通信対応モデルとなります。

その最大の特徴は、OSに「Android Wear」ではなく、独自の ”ウェアラブルデバイス向けプラットフォーム” を採用している点にあります。詳細こそ開示されていないものの、これまでに伝えられる情報を鑑みるに、おそらくは「WebOS」ベースのOSと推察されます。

また、音声通話の発着信に対応するほか、Push-to-Talk機能を利用してトランシーバーのように通話することも可能に。さらにNFCを搭載したことにより、各種支払いなどを行うことも可能になるとのことです。

LG-Watch-Urbane-LTE

なお、端末のデザイン面においても大きな変化が加えられ、LG Watch Urbaneでは1つしか搭載されていなかった物理ボタンの数が「3つ」へと増加。

上のボタンは「クイックセッティング」の呼び出し、真ん中は「WatchFace」とアプリランチャー表示の切り替え、一番下は「戻る」ボタンとして機能します。なお、下ボタンを長押しすることで、特定の人物へ音声通話の発信と「位置座標の送信」を行うことが可能に。

OS LG Wearable Platform(WebOS?)
ディスプレイ 1.3インチ 320×320 P-OLEDディスプレイ(245ppi)
SoC Qualcomm 1.2GHz駆動 Snapdragon 400
RAM 1GB LPDDR3メモリ
内蔵メモリ 4GB eMMC
バッテリー 700mAh
ネットワーク 4G LTE通信 対応
ワイヤレス Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0 LE
NFC
センサー 9軸ジャイロスコープ
気圧センサー
心拍センサー(光電式容積脈波記録センサー)
GPSセンサー
カラーバリエーション シルバー
その他 防塵防滴機能(IP67相当)
スピーカー
マイク

バッテリー容量は410mAhから「700mAh」、RAM容量も512MB(LPDDR2)から「1GB」(LPDDR3)へと増強。プレスリリースによると、スタンバイモード時には、最大で数日間にも及ぶバッテリーライフを実現しているとのことです。

先日公開された「LG Watch Urbane」の公式トレイラー

どうやら、かなり高性能・高機能なデバイスとして登場することになりそうです。スマートウォッチは未だ先行きの不透明な分野の1つですが、それだけに覇権を握ろうとするLGの意気込みが伝わって来るように思えます。

[LG via Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます