米マイクロソフト、GDC 2015にて基調講演の開催を告知

Neowinは13日(現地時間)、米マイクロソフトが、GDC 2015の開催期間中である3月4日に基調講演を行うことを正式に発表したと伝えています。

記事5.1

GDC(Game Developers Conference)は、コンピューターゲームのプロフェッショナルのみを対象とした業界最大のイベントであり、今年は3月2日から6日までの5日間に渡って開催される予定です。

今回の基調講演における ”目玉” の一つとしては、やはり「DirectX 12」が挙げられるでしょうか。業界の最前線でしのぎを削るプロたちを相手取ったイベントなだけに、より詳細な情報の開示が行われることに期待が集まります。

また、先日開催された発表イベントにおいて、Windows 10プラットフォームとXboxとの連携がより強化されることや、その詳細についてはGDC 2015にて明らかにされることが公式に明言されています(過去記事)。世界中のゲーマーが注目する新要素なだけに、これもまた目玉の一つと言っても良さそうです。

なお、DirectX 12の直接のライバルと目される「Mantle API」を保有する米AMDも、GDC 2015にて ”クレイジー” な発表を行う計画とのことですが、いよいよ両APIの本格的な生存競争の幕が開けようとしているのかもしれません。

[Neowin / WCCFTech]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます