モバイル向けWindows 10、オクタコアSoCを新たにサポートか

WCCFTechは31日(現地時間)、今月上旬にもプレビュー版の提供開始が予告されている(過去記事)モバイルデバイス向けの「Windows 10」においては、新たに「オクタコアSoC」をサポートする見込みであることを伝えています。

記事4.1

現行最新となる「Windows 8.1 GDR1」では、クアッドコアプロセッサまでの対応となっていましたが、次期OSにおいては搭載するSoCを、メーカー側がより幅広い選択肢の中からより柔軟に選択することが可能となりそうです。

また今回WCCFTechは、3月2日に開催されるコンピューターゲーム開発者向けの業界イベントGame Developer Conference 2015において、”マルチコアプロセッサ” 搭載Windows Phone端末とハイエンドゲーム機がお披露目される可能性を指摘。ただし、これらの情報は米マイクロソフトによって公式に発表されたものではなく、真偽を見極めるには続報を待つよりほかありません。

しかし仮に事実であるとするならば、開発中であることが明言された次期フラッグシップ級Windows Phoneに「Snapdragon 810」はもちろん、先日その存在が明るみに出た「Snapdragon 815」や「Snapdragon 820」(過去記事)などの超高性能SoCが搭載される準備が整えられることになります。続報に期待です。

[WCCFTech]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます