韓国サムスン、米LoopPayの買収完了を発表 ―独自決済システム導入へ

GSMArenaは18日(現地時間)、韓国サムスンと米LoopPayの間において、買収交渉が成立したことが正式に明らかにされたことを伝えています。なお、実際の買収取引における金銭的条件に関しては開示されませんでした。

記事89.2

LoopPayは2012年にボストンにて起業されたばかりのスタートアップ企業で、”磁力を利用した独自の決済システム技術” を保有することや、買収前からサムスンと緊密なパートナーシップを形成していたことなどで知られています。

同社が保有する磁力式決済システムの最大の特徴は、店頭に設置された既存のPOS端末の「90%以上」において動作・利用が可能になる点にあります。これは、この新システムの導入が非常にスムースに行われる可能性を示しています。(POSについては「こちら」

また、昨年末にはLoopPayのCEO自らによって、LoopPayを搭載した ”某大手メーカー製の端末” が2015年内にも登場することが明言されています(過去記事)。今回の情報と合わせて、「Galaxy S6」と「Galaxy S6 Edge」への実装に期待が高まります。

記事89.3

米国の小売店の約90%への導入が可能とのこと

順調に勢力図を拡大しつつあることが伝えられる、米アップル独自の決済システム「Apple Pay」への ”カウンターパンチ” として、早ければ来月初頭にもサムスンによって正式にお披露目されるかもしれません。続報に期待です。

[GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます