Snapdragon 810とExynos 7420のAnTuTuベンチマークスコア比較 ―総合性能はほぼ互角

Phone Arenaは13日(現地時間)、米Qualcommと韓国サムスンの次世代フラッグシップ級SoCとなる「Snapdragon 810」と「Exynos 7420」 をAnTuTuベンチマークのスコアで比較した結果、総合性能においてわずかながら前者が上回ったと伝えています。

記事2.1

Snapdragon 810のAnTuTUベンチマーク総合スコア

Phone Arenaが伝えるところによると、今回両者を比較する為に用いられたのは、昨年11月に発表されたQualcomm製のリファレンスモデル「MDP 810 Smartphone」(過去記事)と、Galaxy S6 Edgeであるとのこと。なお、双方共にWQHD(2560×1440)ディスプレイを搭載しています。

以下は、今回得られた両者の比較スコア。

テスト項目 Snapdragon 810  Eyxnos 7420 
Multitask 7,604 7,344
Run Time 4,006 4,172
CPU Integer 8,691 5,573
CPU float-point 6,192 5,452
Single-thread Integer 2,322 2,774
Single-thread fload-point 2,081 2,737
RAM Operations 2,826 3,462
RAM Speed 5,053 3,809
2D 1,650 1,638
3D 17,836 20,725
Storage I/O 2,548 2,572
Database I/O 700 720
Total Score 61,499 60,978

 概ね「ほぼ互角」と評して良さそうに思えますが、一つ気になるのが、CPU性能における両者間のスコアの開き具合です。共に同じく「Cortex A57」と「Cortex A53」で構成されているはずなのに、単に「最適化の差」の一言で片付けるのは難しい程の差があるように思えます。とりわけ、整数演算性能の項目における差は顕著です。

なお、ここ数週間の間には、Exynos 7420の「Cortex A53」を利用して測定したGeekBenchベンチマークのスコアがリークされています(過去記事)。シングルスレッド性能は共にExynos側が上回っている点を鑑みてもその可能性はかなり低いとは思いますが、もしかすると今回のベンチマークにおいても、Exynos側はCortex A53が用いられて測定されたスコアであるのかもしれません。

記事2.2

Exynos 5433とExynos 7420のAnTuTuベンチマークスコアの比較

いずれにせよ、両者の総合的なパフォーマンスは同レベルにあると見て良さそうな印象です。

しかし、Qualcomm側には「Snapdragon 820」と「Snapdragon 815」(過去記事)、サムスン側には「Exynos 7890」と「Exynos 7650」という未発表SoCの存在も新たに指摘されており、両者の熾烈な性能競争は今後さらに加速していくことになりそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます