ソニー、メガネ型端末「SmartEyeglass」の開発者向けエディションを販売へ

ソニーは17日、同社が開発するメガネ型端末「SmartEyeglass」の開発者向けモデルとなる「SmartEyeglass “Developer Edition” 」の販売を開始することを発表しました。

発売日は今年3月10日。日本を始めアメリカやドイツ・イギリス他ヨーロッパ諸国で購入が可能であり、日本国内における販売価格は10万円(税別)とアナウンスされています。

Sony_glass_002

SmartEyeglassは一般的なメガネのレンズに当たる部分に透過型のディスプレイを搭載し、接続されたAndroidスマートフォンと連動して視界に様々な情報を映し出す、いわゆる「メガネ型ウェアラブル端末」の一種です。メガネ本体に加速度センサやジャイロスコープ・電子コンパスと言った各種センサを搭載する他、コントローラを用いた操作が可能となっています。

以下の動画にて、実際に使用している様子をイメージすることが出来ます。

今回発売開始が案内されたものはあくまで「開発者版」であり、ソニーにて公開されている開発キット(SDK)を用いて実際にアプリの開発を行ったり、 “こんな使い方ができたらおもしろいのでは?” という事を試してみたい方向けとなっています。

メガネ型端末については、一時大きな期待が寄せられていた「Google Glass」が最近抜本的な見直しを迫られるなど、以前に比べて消費者の見方もより厳しいものへとなってきています。今回発表されたソニーのSmartEyeglassでは、既存の製品やサービスに対してどのように区別化し、受け入れられていくかに注目です。

ソニーでは2016年内に法人顧客や一般ユーザ向けにSmartEyeglassの販売開始することを目標としています。また、今回開発者版が発売されるSmartEyeglassの他にも、小型有機ELディスプレイを用いたアタッチメント型端末「SmartEyeglass Attach!」の開発が行われていることが知られており(関連記事)、こちらの今後の展開にも期待したいところです。

SmartEyeglassの主な仕様は以下のとおり。

SmartEyeglass Developer Edition(SED-E1)
ディスプレイ 透過式両眼メガネ型ディスプレイ
解像度 419 x 138
表示色 緑単色(256階調)
フレームレート 15 fps
ディスプレイ輝度 最大1,000 cd/m²
透過率 85%以上
搭載センサ 加速度センサ
ジャイロスコープ
電子コンパス
照度センサ
マイク
ノイズキャンセリング用マイク
カメラ CMOSイメージセンサ
約300万画素(静止画)
15fps QVGA相当(動画、音声なし)
バッテリー 連続使用約150分(カメラ未使用)
連続使用約80分(カメラ使用)
対応Androidバージョン Android 4.4 KitKat以上
重量 約77g(メガネ本体)
約44g(コントローラ)

[ソニー][Sony Developer World]

 

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます