Spigenの公開したGalaxy S6の画像は、デザイナーによる想像図である模様

Android Authorityは30日(現地時間)、数多くのスマートフォンケースを手掛ける企業として知られるSpigenによって、先日Amazonストア上に公開された「Galaxy S6」の画像(過去記事)が同社のデザイナーの作成した ”想像図” であることを指摘しています。

記事2.3

先日公開された専用スマホケースを装着した「Galaxy S6」とされる端末

通常、スマホケースなどのアクセサリ類を手掛けるメーカーは、新端末が発表される前に、その端末の外形寸法やカメラモジュールの位置や大きさ、物理ボタンや各種ポートの位置などに関する情報をあらかじめ伝えられるものです。

上の画像も、その事前情報に基づいて作成された ”完成予想図” に過ぎないとのこと。全体的な意匠が「Galaxy S5」に似通っているのも、デザイナーがこの想像図を作成するにあたってS5をベースにしたためと思われます。

記事2.2

そしてこちらは、今回新たに発見されたとある中国メーカー製のGalaxy S6用ケースの画像。これら2枚の画像を見る限りでは、どうやらLEDフラッシュと心拍センサーの位置が現行モデルから変更されることだけは間違いなさそうです。

先日、”特別な機能” を実装し ”革新的かつプレミアムな端末” として登場することが公式に明言されているだけに、そのスペックのみならずデザインに対する期待も高まります。ちょうど今日から1ヶ月後。MWC 2015に合わせて正式発表されることを願うばかりです。

[Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます