VAIO株式会社(以下VAIO(株))は16日、同社の自社開発製品として初となる「VAIO Zシリーズ」発表しました。

v_vaio_001
画像はVAIO Z

『モンスターPCを作れ』

というコピーのもと発表されたのは「VAIO Z」「VAIO Z Canvas」の2機種。

VAIO Zはソニー時代の「VAIO Fit Aシリーズ」で見られたようなマルチフリップ機構を搭載し、ノートPCスタイルだけでなくタブレットスタイルでも使用することが可能です。一方、VAIO Z Canvasは同社が『未完成を、共有します。』として度々イベント等で見られた “VAIO Prototype Tablet” の製品版となり、クリエイティブな用途にも応えられる高性能タブレットPCです。

生まれ変わったVAIO Z

VAIO Zは13.3インチWQHD(2560 x 1440)液晶を搭載し、CPUには米Intel社製core i7-5557U、内蔵GPUにIntel Iris 6100を採用するハイスペックな2-in-1PC。外見はソニー製「VAIO Fit 13A」そのものですが、スペックは大きく引き上げられています。

v_vaio_002

VAIOにおける “Z” の型番は伝統的にハイスペックなモバイルPCに与えられ、今回発表された新しいVAIO(株)製VAIO Zもまたその流れを汲んだモデルとなります。タブレットモード・キーボードモードでTDPを使い分けることで、キーボードモードでは35Wまで対応することが可能です。

モビリティも向上させ、本体素材にアルミニウムとカーボン素材を採用することで厚さは15.0mm~16.8mm、重さは約1.34kgを実現。15時間持つと公表されているバッテリーライフと合わせて、ハイスペックを見事に凝縮したVAIO Zとなりました。

主なスペックは以下の通り。

VAIO Z(各構成は最大のもの)
OS Windows 8.1 pro Update 64bit
CPU Intel Core i7-5557U 3.1GHz(最大3.40GHz)
TDP 10~35W
GPU Intel Iris 6100
メインメモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB(PCI Express x4接続)
液晶 13.3インチ WQHD(2560 x 1440)
sRGB 100%カバー
光学ドライブ 非搭載
インターフェイス USB3.0 x 2
SDカードスロット x 1
HDMIポート x 1(4K出力対応)
ステレオミニ x 1
サイズ(幅×高さ×奥行き) 324.2 x 15.0~16.8 x 215.3 [mm]
重さ 1.34 [kg]
バッテリーライフ 15時間(JEITA2.0測定法による)

発売は2月16日本日から、価格は構成によって異なるものの、約19万円からとなっています。購入は販売代理店であるソニーストアや、ソニーショップ、または一部取り扱い店舗にて可能です。

自由なVAIO Z Canvas

VAIO Z Canvasは上記の通り、VAIO Prototype Tabletの製品版となります。本体はキーボードが完全に分離されたタブレットデバイスであり、より直感的かつアクティブな用途が想像されます。

v_vaio_004

液晶もVAIO Zとは異なり、アスペクト比3:2、解像度2560 x 1704のものを採用しています。Adobe RGBを95%カバーすることで写真家やデザイナー、そして映像編集等といった広いクリエイターの要求を応えるタブレットPCとして、場所を選ばず、より活動的な創作を可能にするモデルです。

また、CPUにCore i7 Hプロセッサーを搭載し、GPUにはIris Proを内蔵。4K Cinema Rawの編集も可能な、まさにモンスター級のスペックを有するタブレットに仕上がっています。

公開されている主な仕様な以下の通り。

VAIO Z Canvas
OS Windows 8.1 pro Update 64bit
CPU Intel Core i7 Hプロセッサー
GPU Intel Iris Pro
メインメモリ 最大16GB
ストレージ 最大SSD 1TB(PCI Express x4接続)
液晶 12.3インチ 2560 x 1704(アスペクト比3:2)
Adobe RGB 95%カバー
光学ドライブ 非搭載
インターフェイス USB3.0 x 2
SDカードスロット x 1
Mini DisplayPort x 1
HDMIポート x 1
有線LANポート x 1
ステレオミニ x 1

なお、VAIO Z Canvasは今年の5月に発売開始する予定であることがアナウンスされており、想定価格は20万台後半からとされています。

ソニーのVAIOから、バイオのVAIOへ

VAIOと言えば、去年の春にソニーから部門ごと売却されたブランドです。昨年の7月にVAIO(株)として立ち上がり「自由だ。変えよう。」のスローガンは当時大きな反響を呼びました。VAIO(株)によると、その時の従業員数はわずか200人程度。長野県安曇野の拠点を中心にそこからVAIOは再スタートを切ったのです。

VAIO Zシリーズには「Z Engine」なるものが搭載されていますが、それはVAIO(株)がソニー時代から独自に培ってきた技術の総称とされており、その技術によって高品質かつ高性能な製品を生み出すことに成功したのです。特にVAIO Zについては見た目こそソニー時代の「VAIO Fit A」ですが、フリップ機構はより使いやすいものに、そして何よりも内部構造は大きく変更されています。

コピー通りモンスター級のスペックを持つVAIO Z Canvasは、「プロトタイプ」として公開することでユーザ目線での開発が行われ、持ち運んだ際に指紋が気にならないようにと本体カラーをブラックからシルバーに変更。こういった柔軟な発想のもとVAIOは生まれ変わったのです。

v_vaio_003

プラットホームにWindowsを採用するPCとしてのVAIOでは、近年のタブレット市場の拡大やAndroid・iOS等のモバイルプラットホームの台頭によって「VAIOとしての確固たるフラグシップ」が空席となりました。最近では「Duo」や「Pro」等の高性能モバイルPCが販売され、特にProにおいてはVAIO(株)でも引き続き販売が継続されていますが、高性能とモビリティを実現するVAIO Zとしての後継モデルはなかなか登場してこなかったのです。

今回のVAIO(株)の発表は一ソニーファンとして、一VAIO Zユーザとして注目していました。そして発表された2種類のVAIO Zに対して、新しい会社のもとで自由に開発され、VAIO(株)としての魅力が詰まったVAIOだと感じています。

v_vaio_005

VAIO(株)では来期での黒字化を目標としています。今後はVAIO Zというフラグシップのもとに「VAIO P」や「VAIO X」・「VAIO 505 EXTREME」といったようなモビリティ特化モデルの “現代版” の登場にも期待したいところです。

[VAIO]