Windows 10とAndroid OSとのデュアルブート端末「Wen Yan Sofia」、近日中にも発表か

Phone Arenaは8日(現地時間)、モバイル向けWindows 10とAndroid OSとのデュアルブート端末「Wen Yan Sofia」が発表に向けて準備されていることを伝えています。

ただし、現時点では正式発表されてはおらず、情報の信憑性については慎重に見極める必要があります。

記事35.1

中国メーカーWen Yanによって手掛けられるこの新端末における最大の特徴は、やはり「Windows 10」と「Android OS」とのデュアルブートに対応している点でしょう。ユーザーはその時の気分や用途に応じて、駆動させるOSを選択・変更することが可能になる見込み。

なお、米Intelによって2015年前半の投入が予告される新低価格SoC「SoFIA」を搭載しており、またそれが名前の由来ともなっています。以下は、今回伝えられるところのSofiaの主なスペック。

記事35.2

OS Windows 10
Android OS(バージョン不詳)
ディスプレイ 5.0インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC Intel SoFIA
RAM 2GB
内蔵メモリ 32GB
メインカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 500万画素

現行最新の「Windows Phone 8.1 GDR1」においてもIntel製チップはサポートされてはいませんが、Windows 10ではついに状況が一変することになります。仮に今回の情報が事実だとするならば、このSofiaは世界初の「モバイル向けWindows OS」とAndroid OSとのデュアルブートを実現する端末として登場することになりそうです。

ディスプレイやカメラの ”高画素化” や、端末の ”大型化” あるいは ”薄型軽量化” 等々。これまでスマートフォンは様々なトレンドを経てきましたが、個人的にはデュアルブート(マルチブート)こそが、次なる潮流となることを期待しています。Sofiaの発表には、熱い期待を寄せたいと思います。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます