Youtube、子ども向けアプリ「YouTube Kids」を2月23日に正式発表へ

The Vergeは19日(現地時間)、米Youtubeが新たに開発した、 ”児童向けの最適化” を施した専用アプリ「YouTube Kids」を、3月23日に開催される児童向けエンターテインメントビジネスの祭典「Kidscreen Summit 2015」にて正式に発表する見込みと報じています。

記事95.1

このYouTube Kidsは、これまでに寄せられる要望の極めて多かった ”子供が安心して利用できるYouTube” を実現するべく開発されたものとなり、児童向けのコンテンツが前面に押し出されて表示されるほか、アイコンやUIにおいても子供が操作しやすいような工夫が図られているとのこと。また、子供のネット上における安全やプライバシーを確保するための処置も施されている模様です。

長時間の視聴を防止する為にタイマーをセットすることも可能となるとのことで、おそらく「有害」とされるコンテンツへのアクセス制限機能なども強化されているものと思われます。ちなみに、最初は「Android OSデバイス」に対してのみ提供が開始される見込みです。

記事95.2

最初はAndroidスマートフォンとタブレットのみに提供される

なお、現時点では具体的な機能性や、金銭的な面を含めた提供形態などに関しては判然としません。従来的な広告収入を狙うのか、はたまたプリペイド式やサブスクリプション式の課金形態を導入するのか。その辺りについても、23日のイベントにて開示されることになりそうです。

世界の中でもとりわけ「児童の権利保護」に関する意識の高い米国。その土壌に根差すYouTubeは、果たしてどのような ”答え” を提示してくるのでしょうか。続報に期待です。

[The Verge]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます