米Amazon、「宅配飛行ドローン」の運用に関する許可をFAAより正式に取得

The Vergeは19日(現地時間)、米Amazonが、宅配用飛行ドローンの米国内での試験運用に関する ”限定的な許可” を、ついにFAA(連邦航空局)から正式に取得したことを報じています。

記事138.1

ただし、今回のFAAから付与された許可には、いくつもの制約が含まれています。その中の1つに、”飛行ドローンは常に操縦者の視界内の収められていなければならない” というものがあります。また、この操縦者に関しても、「自家用飛行機免許」のほかに、医師によって処方された診断書を所有している必要があるとのこと。

これらの制約が課されていることで、Amazonはテスト運用が終えた時点でいきなり大規模な飛行宅配サービスを展開することが実質的に不可能になっており、1年以上にも及ぶ激しい交渉戦のとりあえずの妥協点としては妥当、といったところでしょうか。

本格的な運用開始まではまだしばらくの時を要するでしょうが、今回の一件は、サービスの一日も早い実現を目指すAmazonにとっては非常に大きな一歩となります。いずれ日本を含む世界各国でも同様のサービスが開始されることに期待したいところですが、越えるべき ”山” は非常に多そうです。

[The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿