「プラズマ化させた特殊なガス」を用いた防水加工技術の特許が公開される ―アップル

Phone Arenaは6日(現地時間)、米アップルによって新たな防水加工技術に関する特許が、米国特許商標局(USPTO)に申請されていたことが判明したと伝えています。

記事50.1

今回発見された特許は、フッ素重合体ガスに高電圧を加えることでプラズマ化させ、デバイスの内部パーツへと付着させるというもの。その際、パーツ表面にはマイクロメートルレベルのフッ化物被膜が形成されることで、疎水性を発揮するとのことです。

また、iPhoneやiPadを始めとするアップル製品にほぼ共通して使用されている「EMIシールド」は、シールドで覆われた重要なパーツにプラズマ化ガスが吸着するのを妨げてしまいます。そこでアップルは、EMIシールドの上の小さな孔をあけることで、その課題をクリアすることに成功した模様。(EMIについては「こちら」

記事50.2

「EMI」シールド上に小さな穴を開けることで、シールド内部へのプラズマ化ガスの吸着を可能に

技術の概要を聞く限りでは、iPhoneやiPad以外に加えて、MacBookシリーズなどへの本技術の適用も可能そうな印象。残念ながら、具体的な製品化の時期に関しては言及されませんでしたが、早ければ「iPhone 6s」において実装されることになるかもしれません。

かねてより囁かれていた ”iPhoneの防水端末化” の噂が、いよいよ現実となる日も近そうです。

[Apple Insider via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます