米アップル、新たな「音楽配信サービス」を6月のWWDCにて正式リリースか

Phone Arenaは5日(現地時間)、米アップルが提供開始を計画しているとされる新たな「音楽配信サービス」が、今年6月上旬に開催が予定されるWWDC 2015において、正式リリースされる見込みであると伝えています。

記事42.1

既に先日には、「iOS 8.4」に組み込まれる形で、この新サービスが実装される可能性が指摘されているほか、昨年10月にはアップルによって業界最大手となるSpotifyを下回る価格でのサービス提供を計画していることが明らかにされています。

また、今回伝えられるところによると、このサービスの利用料は「7.99ドル」(約960円)以下に設定され、iOSデバイスのみならずAndroidデバイスに対しても専用アプリを通じて提供されるとのこと。

記事42.2

米Beats Electronicsを多額の資金を投資して買収することに成功したアップル。これまではその意義を感じられる機会はあまりありませんでしたが、しかしついにBeatsの持つノウハウを最大限に活用するサービスが始まることになりそうです。

なお、6月のWWDC 2015では、同じく最新版OS「iOS 9」の発表が行われることも予想されます。もしかするとiOS 9においては、この新たな音楽配信サービスを、より活用するための機能性が追加されているかもしれません。業界最大手の打倒を目論むアップルの挑戦に要注目です。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます