Exynos 7420の詳細な分析情報が公開される…GPUには「Mali-T760MP8」

Android Authorityは5日(現地時間)、韓国サムスンの最新フラッグシップ級SoC「Exynos 7420」に関する詳細な分析情報を公開しています。

記事46.2

鮮烈なデビューを飾ることに成功した、サムスンの最新フラッグシップモデル「Galaxy S6」と「Galaxy S6 Edge」。各種ベンチマークテストで非常に優秀な成績を収める両モデルには、共通してExynos 7420が搭載されていることが明らかにされています。

以下の表は、Exynos 7420と、Galaxy Note 4にも一部採用されるExynos 5433との比較スペック一覧。

Exynos 7420 Exynos 5433
アーキテクチャ ARMv8-A 左に同じ
64-bit 対応 ×
CPUコア Cortex-A57×4 + Cortex-A53×4 
(big.LITTLE構造)
左に同じ
CPU駆動周波数 A57:2.1GHz 
A53:1.5GHz
A57:1.9GHz
A53:1.3GHz
GPUコア Mali-T760M8 Mali-T760M6
GPU駆動周波数 772MHz 700MHz
RAM 1552MHz駆動 LPDDR4 825MHz駆動 LPDDR3
製造プロセス 14nm FinFET 20nm HKMG

14nm FinFETプロセスは、20nmプロセスと比較して大幅な消費電力の低減を実現することが伝えられており(過去記事[1][2])、そのおかげもあって、Exynos 7420においてはCPUコアやGPUコアの駆動周波数を引き上げることに成功。さらに、GPUにおいては新たに2つのコアが追加され、より一層強力なグラフィック性能を実現しました。

そのほか、新たに実装されたデュアルチャネルのLPDDR4メモリは、システム全体のパフォーマンスを向上させるのみならず、消費電力の削減にも寄与。その帯域速度は、最大で「25.6GB/s」にも達するとのことです。

下のグラフは、AnTuTuベンチマークテストにおける、Exynos 7420とExyons 5433のそれぞれのスコアを比較したもの。大きく3Dグラフィック性能が強化されているほか、RAMの性能も顕著に向上している様子が読み取れます。また、CPU性能においても、駆動周波数の向上分と半導体プロセス自体の性能向上分が、リニアに反映される結果となりました。

記事46.1

このベンチマーク結果から、実際のExynos 7420のパフォーマンスを推し量ることは難しいですが、以前にお伝えしたベンチマーク結果(過去記事)を鑑みても、少なくとも ”2015年のフラッグシップ級” を名乗るのに十分であることは間違いなさそうです。

[Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます