Google、「Android 5.1 Lollipop」を正式発表

米Googleは9日(現地時間)、Android OSの最新ビルド版となる「Android 5.1 Lollipop」を正式に発表しました。

android-51-released

「Apple Watch」の発表に始まるアップルによる新製品ラッシュの影に隠されるような形で、新たに投入されたAndroid 5.1。引き続きLollipopのコードネームが採用されている事実も示しているように、マイナーアップデート版となります。以下は、追加された主な新機能。

マルチSIMカード機能の強化

Android 5.1においては、2枚以上のSIMカードを搭載する端末における、SIMカードの操作性や機能性が強化された模様。

具体的にどのような改善が施されたのかについては明らかにされませんでしたが、公式ブログ上に公開されている映像を見る限りでは、どうやら音声発信の際に利用するSIMカードを選択できるようになっているようです。

セキュリティ機能の強化

新たに実装された「Device Protection」機能により、元々の所有者によりGoogleアカントでサインインされるまでは、たとえ紛失あるいは盗難の被害に遭った端末が初期化されようとも決して端末のロックが解除されなくなりました。

音声通話品質の向上

Android 5.1をインストールした端末においては、よりクリアで品質の高い通話を行うことが可能になったとのことです。この新機能「HD Voice」を利用できる端末の一例としては、T-MobileあるいはVerizonのNexus 6が挙げられています。

また、クイック設定パネルから直接、Bluetooth接続したデバイスを操作したりWi-Fiアクセスポイントに接続できるようにもなったほか、多くの細かな要素において安定性の向上やパフォーマンスの改善などが施されているとのことです。

残念ながら現時点では、どの端末にいつ頃実際に提供されることになるかについては言及されませんでしたが、まずは「Nexus 6」や「Nexus 9」を始めとする各種Nexusデバイスや、Google肝煎りの低価格端末シリーズ「Android One」に対して優先的に提供が開始されるものと思われます。

既にAndroid 5.0.2の時点で、あまり大きな不具合の報告や不満の声を聞かなかったように思いますが、今回さらに安定性とパフォーマンスに磨きがかけられることとなりました。しかし最大の問題は、”国内の端末に提供される見通しが不明” ということでしょうか。続報に期待です。

[Android Official Blog via GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます