米Googleの新たな無線通信サービスは、「Nexus 6」のみが利用可能に?

The Vergeは5日(現地時間)、米Googleが今後3ヶ月以内にサービス開始を予告する新たな無線通信サービスは(過去記事)、「Nexus 6」のみが利用可能になる可能性が、新たに指摘されたことを報じています。

記事44.1

今回の情報は、The Wall Street Journalを出所にしています。伝えられるところによると、この無線通信サービスは今月後半にも提供が開始され、またNexus 6のみがその対象となるとのことです。

なお、”制限” が設けられる理由について、The Vergeはこの新サービスがT-MobileとSprintのMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供されることになることを指摘。というのも、MVNOによる無線通信サービスを十全に利用できる端末に仕上げるには、ハードウェアとソフトウェアとの完璧な調整が重要となるため、”改良(変更)が加えられたAndroid OS” を搭載する他メーカー製の端末ではその条件を満たさないのではないか、というのが彼らの主張です。

記事44.2

また、数日前にGoogleの重鎮の一人サンダー・ピチャイ氏は、この新サービスをあまり大規模なものにするつもりがないことを示唆しており、その事実もまたこの奇妙な制限を説明づけるように感じられます。

仮に今後、Googleが無線通信サービスを小規模なものに保ち続ける計画だとするならば、新たなNexusデバイスが登場した場合にはNexus 6はサービスの対象から外されてしまうのでしょうか。果たして、Googleの狙いはどこにあるのか。続報に期待です。

[The Wall Street Journal via The Verge]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます