台湾HTCは1日(現地時間)、フィットネストラッキング機能を重視したスマートウォッチ「HTC Grip」を正式に発表しました。

記事9.1

HTC Gripは、先日発表された米Under Armorとのパートナーシップの成果の一つとなり、専用に開発された「Under Armour Record」アプリを標準搭載しているとのこと。また、Androidデバイスのみならず、iOSデバイスとの連携も可能にしていることも明らかにされました。

ユーザーは、各種フィットネスや睡眠時の自身のデータを計測・記録することが可能となり、さらにそれらの結果をSNS上に簡単にシェアする機能も実装。また、GPSを内蔵したことにより、スマートフォンとの連携を必要とすることなく、「最大5時間」までトレーニングの追跡記録を可能としました。

そのほか、IP57相当(水深1mの深さで30分以内まで)の防水加工も施されているほか、一回の充電で最大2.5日間のバッテリーライフを実現しています。

HTC Gripは、間もなく北米市場にて開始される予定。正式な販売価格に関しては言及されませんでしたが、Phone Arenaが伝えるところによると「199ドル」(約2万4千円)に設定される見込みとのことです。

[Neowin / Phone Arena]