Windows10に搭載されるIE 11、Windows8.1バージョンから変更なし

Neowinは24日(現地時間)、「Windows 10」に実装される予定のInterenet Explorer 11(IE 11)においては、Windows 8.1から一切の変更が加えられないことが、米マイクロソフトより明らかにされたことを伝えています。

記事158.1

伝えられるところによると、今回の情報は一部の関係者のみで開催された非公開のワークショップ内で明らかにされたとのこと。その場においてマイクロソフトは、現在開発中の新レンダリングエンジン「Edge」は、「Project Spartan」にのみ搭載されることを明言。

また、Windows 10におけるIE 11は、あくまで旧式のフレームワークを必要とするユーザーに対する ”互換性の確保” を目的としたものとなり、Edgeの実装を含むあらゆる変更は加えられないことも明らかにされました。

何かと「遅い」「重い」「使いづらい」などのネガティブなイメージがつきまとうInternet Explorer。ついに第一線を退く歴史と伝統あるWebブラウザから渡されたバトンを、Project Spartanは見事に受け取り、過去のイメージを払拭することができるのか。世代交代の日も、もはや目前に迫りつつあります。

[Neowin]

コメント投稿