GSMArenaは12日(現地時間)、韓国LGから、今年後半にも新たなフラッグシップ級ファブレット端末が登場する見込みであると伝えています。

記事92.1

以前にリークされた「LG G4」のレンダリング画像

今回の情報は、LGのお膝元である韓国の情報筋から匿名でリークされたもの。伝えられるところによると、新型ファブレット端末の名称は「G4 Note」となり、サムスンの「Galaxy Note 5」やアップルの「iPhone 6s Plus」に対する直接の対抗製品として登場する見込みであり、発売時期は2015年下半期中とのことです。

この情報が事実だとするならば、おそらくG4 Noteは来月にも正式発表されることが期待される「LG G4」よりもさらにハイスペックな端末となる可能性が高そうです。というのも、先日バルセロナで開催されたMWC 2015の中で、LG幹部の口から公式に「LG G4よりも上のクラスの端末が用意されている」ことが明言されており、このG4 Noteがその端末にあたる可能性は高そうに思えます。

記事92.2

今年中頃の市場投入が予告される、MediaTek製のCortex A72ベースSoC「MT8173」

LGと言えば、3週間程前には、「Cortex A72」をベースにした独自設計のフラッグシップ級SoCの開発に取り組んでいる可能性が指摘されており(過去記事)、その新型SoCがG4 Noteに搭載されることになるかもしれません。なお、台湾MediaTekや中国Huaweiからも、Cortex A72ベースの製品が年内にも投入されることを指摘する情報が既に伝えられています。

いずれにしても、現時点では今回の情報が確定的であるとは言えません。続報に期待です。

[GSMArena[1][2] / Twitter]