超リアルなVR技術「Magic Leap」の最新デモ映像が公開される

Pocket-lintは20日(現地時間)、米グーグルを筆頭に大手企業が多額の資金提供を行ったことで大きな注目を集めたスタートアップ企業「Magic Leap」が、同社の提供するバーチャル・リアリティ(VR)技術のデモ映像を新たに公開したと伝えています。

こちらが、今回公開された技術デモ映像。動画の中では、VRとARを組み合わせたような高度な仮想空間技術の下で、FPS(一人称視点シューティング)ライクなタワーディフェンスゲームをプレイしている様子を確認できます。

この映像が、Magic Leapが提供するプラットフォーム上で実際に起動しているゲームの様子を捉えた ”実演デモ映像” なのかは明言されておらず、具体的な製品化の時期についても明らかにはされていません。しかし、直観的な操作性と非常にリアルな映像体験には、興味をそそられるものがあります。

Magic Leapは、グーグル、Qualcomm Ventures、Legendary Entertainmentといった企業などから総額5億4200万ドルの出資を獲得していますが、そうした顔ぶれを見るにつけ、このテクノロジーが非常に魅力的なものとして我々の目の前に登場することは間違いなさそうです。

[Pocket-lint / ZDNet]

ソーシャルシェア

コメント投稿