MediaTek、「Cortex A72」ベースのフラッグシップ級SoCを第4四半期中にも発表か

GSMArenaは19日(現地時間)、台湾MediaTekが今年の第4四半期中にも、「Cortex A72」ベースのフラッグシップ級SoCの投入を計画している可能性を指摘しています。

記事134.1

伝えられるところによると、この次世代SoCには「MT679X」というコードネームが与えられており、英ARMの次世代CPUアーキテクチャCortex A72とCortex A53による「big.LITTLE構造」を採用しているとのこと。また、製造プロセスは20nmあるいは16nm FinFETプロセスのどちらかとなる模様です。

残念ながら、今回の情報では具体的なCPUコア数や統合されるGPUなどに関する情報を得られませんでした。しかしながら、このMT679Xがフラッグシップ級のSoCであることを考慮に入れると、おそらくオクタコアSoCとして登場するのではないでしょうか。

また、GPUに関しても、既に米AMDとの間にモバイル向けGPU製造におけるパートナーシップが形成されていることを指摘する情報が伝えられています(過去記事)。もしかすると、MT679Xこそが、MediaTek初のAMD製GPUを備えたSoCとなるのかもしれません。

記事135.1

Cortex A72ベースのクアッドコアSoC「MT8173」

なお、MediaTekは今月上旬、新たなSoCブランド「Helio」シリーズを発表しており、現行最上位モデルとなる「MT6795」も「Helio X10」へと正式にリネームされました(過去記事)。おそらくは、このMT679Xも「Helio X」シリーズに属する製品として登場するものと思われます。

既にCortex A72ベースのミッドレンジ級SoCとなる「MT8173」を、今年中盤にも登場させることを予告するMediaTek(過去記事)。絶対王者として君臨し続けてきた米Qualcommの地盤を脅かす存在として、今年以降、ますますその存在感を強めることになりそうです。

[GSMArena]

ソーシャルシェア

コメント投稿