台湾MediaTek、新たなSoCブランド「Helio」シリーズを正式発表

Fudzillaは11日(現地時間)、台湾MediaTekのフラッグシップSoC「MT6795」が、新たに「Helio X10」という名称に変更されたことを伝えています。

記事87.1

これまでMediaTekは自社製のSoC製品に対しては「MTxxxx」という形式のモデルナンバーを割り当てていましたが、より分かりやすい製品ラインナップの構築に向けて、新たな命名体系を導入することを決定した模様です。

伝えられるところによると、このHelio Xという新ブランドに含まれるHelioは、ギリシア神話の太陽神「へーリオス(Helios)」に由来し、Xは「Extreme performance」を意味しているとのこと。Helio Xシリーズは、主にフラッグシップ級のデバイスに採用されることになります。

また、同時に「Helio P」シリーズも展開されます。名に冠するのPの文字は「Premium performance」を意味し、ハイエンド級の性能や機能を備える製品群になる見込み。主にメインストリーム帯やパフォーマンス帯の製品へ搭載されることになるようです。

記事87.2

年内の登場が公式に予告される「MT8173」

既に、「Cortex A72」を ”世界で初めて” 採用したクアッドコアSoC「MT8173」が発表されていますが(過去記事)、果たしてXシリーズとPシリーズのどちらに属することになるのでしょうか。さらに先日には、米AMD製のGPUを新たに採用する可能性も指摘されており(過去記事)、2015年以降のMediaTekの動向は非常に興味深いものとなっています。

なお、MT6795ことHelio Xは、最大駆動周波数2.2GHzのオクタコアSoCとなり、4つのCortexy A57コアと4つのCortex A53コアを搭載するbig.LITTLE構造を採用。120Hzのリフレッシュレートを備えるディスプレイをサポートし、「H.265」コーデックの力を借りて4K2K(4000×2000前後)の解像度の映像を30fpsのフレームレートでエンコードを可能にしていることが、MediaTekによって過去に明らかにされています。

[Fudzilla]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます