世界最速のシングルGPU「GeForce TITAN X」正式発表

米NVIDIAは17日(現地時間)、今月初旬に開催されたGDC 2015においてゲリラ的に存在が明らかにされていた過去記事最新フラッグシップGPU「GeForce TITAN X」を正式に発表しました。

NVIDIA最新のGPUアーキテクチャ「Maxwell」をベースにした大型コアを内蔵しており、搭載されるトランジスタの数は80億個、単精度演算性能は7.0TFLOPS(テラフロップス)を誇ります。

以下は、GeForce TITAN Xの主なスペック。

記事122.1

アーキテクチャ      Maxwell
GPUコア      GM200
トランジスタ数      80億
製造プロセス      28nm
CUDAコア数      3,072
基本駆動周波数      1,000MHz
最大駆動周波数      1,075MHz
メモリ容量      12GB
メモリ周波数      1,750MHz
メモリの種類      GDDR5
メモリバス幅      384 bit
メモリ転送速度      336.5GB/s
TDP      250W
電源ピン      6 + 8
単精度演算性能      7.0TFLOPS
倍精度演算性能      200GFLOPS

現時点では、シングルGPUカードとしては ”世界最高性能” を誇ります。ただし、従来のTITANシリーズとは大きく異なり、「倍精度演算性能プロセッサ」のフルスピードモードが解放されていません。その為、倍精度演算性能はわずか200GFLOPSと、従来のTITANシリーズに比べて雲泥の差が生じてしまっています。

記事122.3

過去のフラッグシップGPUとのスペック比較。倍精度演算性能において、如実な性能差を確認

なお、米国市場においては、999ドル(約12万円)という価格設定で販売が開始されるとのこと。しかし、これまでの慣例と照らし合わせて見るに、国内で発売される際には、更に価格が上乗せされた ”ご祝儀価格” に設定されるものと思われます。

※初出時、GPUコアのベースクロックを「1,002MHz」、ブーストクロックを「1,089MHz」と表記しておりましたが、リファレンスモデルは上記の通りになります。訂正とともにお詫びいたします。

[Fudzilla / PCWorld]

ソーシャルシェア

コメント投稿