米Qualcomm、5GHz帯を利用する新通信方式「LTE-U」を正式発表

米Qualcommは27日(現地時間)、通常Wi-Fi通信などで利用される5GHz周波数帯を利用して、高速なネットワーク通信を実現する新たな通信方式「LTE-U」を正式に発表しました。

記事3.1

今回発表された新通信方式の正式名称は、「LTE to unlicensed spectrum」(LTE-U)。その名の示す通り、”無認可” の5GHz周波数帯を利用することで、安定した高速通信を実現しようとする通信方式で、「スモールセル」(small cell)と呼ばれる小規模な基地局に組み込まれる形での実装が計画されています。(スモールセルについては「こちら」

なおLTE-Uは、キャリアアグリゲーション機能を利用することで、既存の「LTE-Advanced」(LTE-A)方式との共存が可能としていることも明らかにされました。

記事3.2

また、今回Qualcommは、このLTE-Uによる通信を実現するために必要となる各種チップ類も同時に発表。「FSM99XX」ファミリーという ”スモールセル向け” の新型SoC群は、専用の無線送受信用のチップ(RFトランシーバーチップ)「FTR8950」を統合。これにより、Qualcommの提供する既存の3Gと4G通信技術の両方を実装するほか、同社独自のWi-Fi通信規格「VIVE 802.11 ac/n」への対応も果たしているとのことです。

そのほか、今回発表されたのは「WTR3950」という ”モバイルデバイス向け” のRFトランシーバーチップ。これは既存の「WTR3925」と組み合わせることで、LTE Cat.6規格のキャリアアグリゲーション(CA)機能とLTE-U通信の双方を利用することを可能にするものです。なお、WTR3950は2015年下半期中のサンプル出荷が予告されました。

ちなみに興味深いことに、Qualcommの開発チームによって実施されたテストの結果によると、LTE-U通信は、既存の5GHz帯を利用したWi-Fi通信とは ”食い合いを起こさない” とのこと。多くの人が懸念するであろう大きな障壁は、見事に回避している模様です。

年々その重要度をいや増してゆく通信周波数問題ですが、今回この問題に関して世界屈指の知見と技術を持つQualcommによって、新たな ”打開策” が提示される形となりました。どうやらMWC 2015にて技術デモ展示が行われるようですので、近日中の続報に期待しても良さそうです。

[Android Authority]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます