Snapdragon 810のオーバーヒート問題、未だ解決されず? ―HTC One M9に兆候

GSMDomeは3日(現地時間)、先日MWC 2015において台湾HTCによって正式に発表されたばかりの「HTC One M9」が、「オーバーヒート問題」を未だに抱えている可能性が指摘されたことを伝えています。

記事23.1

今回の情報の出所は、GSMDomeの姉妹サイトであるMobilissimo.ro。今回、彼らが実際にMWC 2015の会場内にて展示されていたデモ機を利用していくつかのベンチマークテストを起動・実行した結果、明らかに ”普通ではない” 挙動やパフォーマンスを見せたことが伝えられました。

どうやら実際にAnTuTUベンチマークを実行した際には、端末の背面部が異様な熱を発した挙句に、端末がオーバーヒートを起こしていることを警告する通知が表示されたとのことです。上の画像が、その様子を捉えた一枚になります。

しかも、テストの測定中には、スコアが「26,000点」を超えた辺りで強制中断されてしまったとのことで、これは「Snapdragon 810」に期待されるスコア(過去記事)としてはあまりにも低いと言えます。

記事23.2

また、今回MobilissimoはBrowsermark、Sunspider、Quadrant、3DMarkのベンチマークテストも敢行。しかし、それらのテストも途中で中断されてしまうなど、あまり芳しい結果には終わらなかった模様です。

なお過去には「Snapdragon 801よりも低発熱である」ことを指摘するテスト結果さえ公開されていた上に(過去記事)、韓国LGによってもその可能性が明確に否定されていました。

記事23.3

先日リークされた「Snapdragon 810」の温度測定テストのデータ

とはいえ、展示されていたデモ機は非常に多くの人に長時間の間、ひっきりなしにベンチマークテストやゲームやアプリなどを起動させ続けられていたことでしょうし、”一般的な使用状況” とは少々かけ離れた状態にあった可能性も考えられます。

ですので、今回の情報だけをもって、「Snapdragon 810のオーバーヒート問題は未解決だ」と結論付けるのもやや早計かもしれません。とりあえず今は、製品版のHTC One M9の登場とその詳細なテスト結果を待ちたいと思います。

[Mobilissimo.ro via GSMDome]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます