ソニー、Zシリーズ以外のXperia端末に対する「Android 5.0」の提供計画をぼかす

Xperia blogは8日(現地時間)、一度は明確に否定された、Xperia Z3を除く ”2014年に発売されたXperia 端末” への「Android 5.0 Lollipop」の提供計画について、該当機種のユーザーからの激しい反発を受けてか、「現時点でのコメントは差し控える」との曖昧な表現にぼかされるに至ったことを伝えています。

Xperia Zシリーズ以外には提供しないことを明言

数日前には、ソニーが公式に開設するTwitterアカウント上において、Xperia C3、E1、E3、M2、M2 Aqua、T2 Ultra、T3のユーザーに対してLollipopの提供が行われないことが公式に明言されており、多くのユーザーを落胆させる事態となっていました。

しかしその決定に対して、該当機種を利用する人々からの激しい抗議と非難が集中。それを受けてか、今回ソニーは「今後のアップデート計画に関しては、現時点ではコメントできない」とお茶を濁したとのことです。


しかし一転して、要領を得ない表現に

果たして今回の対応は単なる ”火消し” に過ぎないのか、それともアップデート計画の練り直しを決定したことを示唆しているのか。しかしそれにしても、国内のXperia ZシリーズにLollipopがもたらされるのは、一体いつのことになるのでしょうか。続報に期待です。

[Xperia blog[1][2]]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます