ソニー、「Project Morpheus」の最新試作機を正式発表 ―2016年上半期発売へ

ソニーは3日(現地時間)、現在サンフランシスコで開催中のゲーム開発者の為の世界最大の国際会議GDC 2015において、Playstation 4専用のVRヘッドセット「Project Morpheus」の新型試作機を正式に発表しました。

記事28.1

この最新プロトタイプにおいては、従来モデルから様々な点で改善・強化が施されています。以下は、主な改善点。

有機EL(OLED)ディスプレイの採用

従来モデルで採用されていた5.0インチ液晶ディスプレイから、「5.7インチ有機ELディスプレイ」へと変更。これによりディスプレイの応答速度は、従来の約半分に相当する「18ms」以下へと高速化され、より表示遅延や残像の少ない映像表現を可能にしました。同時にリフレッシュレートは「120Hz」へと高められ、より滑らかな表示を実現。

また、視野角も「100°」へと改善され、大型化されたディスプレイと相まって、従来モデル以上の広い視界と深い没入感を得られるようになったとのこと。なお、解像度に関しては引き続き「1920×RGB×1080」となっています。

より精密さを増した位置認識性能とモーショントラッキング

従来モデルにおいては、デバイスの前方部に4つ、後方部に2つの位置認識用のLEDが搭載されていました。しかし今回、新たに前方部に1つ、後方部に2つのLEDを追加。

総計9つのLEDの働きによって、より精密な位置認識が実現されたことで、より精確なモーショントラッキングを行うことが可能になりました。

よりユーザーフレンドリーな製品デザインへ

装着者に掛かる負担を軽減するべく、デバイスのデザインや使用される部品の最適化などを行った結果、軽量化とより快適な装着感を実現することに成功。また、デバイスの着脱もより簡単に行えるようになったとのことです。

記事28.3

なお今回、製品版は2016年上半期中にも発売が開始されることや、元来Playstation 4は映像を「120fps」で出力することを可能にするように設計されていたことなども、正式に明らかにされました。また、製品に関するより詳細な情報は、今年後半にも開示される見込みとのこと。

従来モデルの情報が開示された際に指摘された要改善点に、着実にメスを入れてきた印象。ほとんどの点において、より一層隙のない仕上がりになったように感じられます。

記事28.2

しかしVR体験においては、ディスプレイの解像度の高さがそのままリアリティにも直結する面もあり、その意味においてはライバルのOculus Riftに一歩先を行かれてしまっているのも事実。(Oculus Riftの最新版開発モデル「Crescent Bay」においては、「5.7インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ」が搭載されている)

実際の製品が登場するまでにはまだ丸1年程度の猶予があります。果たして、ここからどのような形で更なる進化を遂げることになるのか、続報に期待です。

[WCCFtech]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます