往年の名作「スーパーマリオ64」が、Webブラウザ上でプレイ可能に ―ただし1面のみ

The Vergeは27日(現地時間)、最新のゲームエンジンでリメイクされた任天堂の往年の名作「スーパーマリオ64」が、現在Webブラウザ上で遊ぶことが可能にされていることを報じています。

実際にWebブラウザ上でプレイされるリメイク版の様子

ただし、プレイすることができるのは1つのステージだけとなり、また実際のゲームのようなイベントなどは発生しません。しかしながら、ゲームとしての完成度は非常に高く、またグラフィックに関しても、さすがに最新タイトルには及ばないものの、そのクオリティはかなり高いと評価しても良さそうに思えます。

今回スーパーマリオ64をリメイクしたのは、コンピューター科学を専攻する学生であるエリック・ロイスタン・ロス氏。氏が明らかにしたところによると、Unityエンジンの実験を行う目的でこのゲームを作成したのであり、現時点ではこれ以上のリメイクを続行する計画はないとのことです。

実際にプレイをしてみましたが、操作感などはオリジナル版とあまり遜色のないような印象で、夢中になってプレイしていたかつての日々を思い起こさせてくれました。下記リンク(右)から実際にプレイできますので、ご興味のある方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

[The Verge / Super Mario 64 HD]

ソーシャルシェア

コメント投稿