「VAIOスマートフォン」、GFXBenchベンチマーク上に登場 ―技適の通過も確認

GSMDomeは5日(現地時間)、日本通信より3月12日に正式発表されることが予告される「VAIOスマートフォン」(過去記事)のスペック情報が、GFXBenchのデータベース上に発見されたことを伝えています。

記事41.1

OS Android 5.0 Lollipop
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)ディスプレイ
SoC Qualcomm 1.2GHz駆動 64-bit クアッドコア Snapdragon 410
GPU Adreno 306
RAM 2GB
内蔵メモリ 16GB
メインカメラ 1,300万画素(※4160×3120 = 約1,300万)
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 不明
ワイヤレス Bluetooth通信 対応
Wi-Fi通信 対応
その他 GPS
ジャイロスコープ
歩数計
加速度センサー / 近接センサー / 光センサー

全体的にミッドレンジ級のスペックに仕上げられている点も、これまでに伝えられてきた情報と合致します。また、型番は「JCI VA-10J」となる模様。

なお、blog of mobileが伝えるところによると、既に技適の認証を通過しており、VoLTEには ”非対応” の端末として登場する見込みとのことです。

[GSMDome[1] / blog of mobile via GSMDome[2]]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます