ソニー、防塵防水ミッドレンジ級モデル「Xperia M4 Aqua」を正式発表

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は2日(現地時間)、高い防水性能を実現する新型ミッドレンジ級端末「Xperia M4 Aqua」を正式に発表しました。

Android 5.0に加え、米Qualcomm製のミッドレンジ級デバイス向け64-bitオクタコアSoC「Snapdragon 615」を搭載したことにより、64-bitコンピューティングへの完全対応を果たしています。

またIP65/68相当の高い防水性は、30分間までならば水深1.5m地点での浸水にも耐えることを可能にしました。以下は、Xperia M4 Aquaの主なスペック。

OS Android 5.0 Lollipop
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)ディスプレイ
SoC Qualcomm 1.5GHz駆動 64-bit オクタコア Snapdragon 615
RAM 2GB
内蔵メモリ 8 / 16 GB
メインカメラ 1,300万画素 Exmor RSセンサー
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 2,400mAh
ネットワーク 2G / 3G通信 
4G LTE通信
ワイヤレス Bluetooth 4.1
Wi-Fi通信
NFC
その他 microSDカード対応(最大32GB)
aGPS / GLONASS 搭載
外形寸法 145.5(W) × 72.6(D) × 7.3(H) mm
本体重量 136g

カメラには、ソニーの誇る裏面照射型CMOSセンサー「Exmor RS」を採用しているほか、Xperia Zシリーズにも搭載されている「Superior Auto Mode」なる高画質オート撮影モードを実装。高い防塵防滴性能と合わせて、水中や水辺などでも快適に撮影を楽しむことを可能にしています。

なおソニーが明らかにしたところによると、Xperia M4 Aquaは今春にも80ヵ国以上の市場で発売が開始され、価格は「約335ドル」(約4万円)に設定されるとのことです。

[Phone Arena / Sony [1][2]]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます