Apple Watch、米国市場における先行予約台数が100万台を突破

Phone Arenaは13日(現地時間)、米Slice Intelligenceの発表データから、米国市場内におけるApple Watchの先行予約台数が100万の大台を突破したことが明らかになったと伝えています。

記事62.1

一番人気の「Apple Watch Sport」

データが収集された現地時間10日の時点では、米国市場内におけるApple Watchの先行予約件数は「95万7,000件」となり、1件あたりの平均注文台数は「1.3台」とのこと。つまり、およそ「124万台」のApple Watchの販売が確約された形になります。

なお、予約件数の内訳としては最廉価モデルの「Apple Watch Sport」が最も多くの割合を占めており、その数字はおよそ「62%」にも達しています。また、平均注文額は1台あたり「382.83ドル」(基本価格は349ドル~)とされています。

記事62.2

そのほか、全体的な傾向として「38mm」モデルよりも「42mm」モデルの方の人気が高いものの、38mmモデルの販売傾向に限って言えば、Apple WatchよりもApple Watch Sportユーザーの方からより高い需要が存在することも明らかにされました。

「100万」という先行予約注文数を多いと思うか少ないと思うかは人それぞれだと思われますが、少なくとも ”米国内だけでも100万人の人間がApple Watchを欲している” ということは紛れもない事実です。下馬評とは裏腹に順調な滑り出しを見せるApple Watchですが、果たして一過性のブームに終わらせずに人々の関心と注目を ”集め続ける” ことができるのか。続報に要注目です。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿