Googleの「独自無線通信サービス」、明日にも提供開始か ―WSJ報道

The Wall Street Journal(WSJ)は21日(現地時間)、先月初旬に米Googleより発表された ”独自の無線通信サービス” が(過去記事)、いよいよ現地時間で明日22日にも正式に提供が開始される見込みであると報じています。

記事105.1

米Sprintと米T-Mobileの「MVNO」(仮想移動体通信業者)として提供されると噂されるこの新サービスですが、その詳細については未だ明らかにされていませんでした。それがついに明日にも、詳細が開示されサービスの提供が開始されることになる模様です。

なお、WSJが指摘するところによると、新サービスは上記2社の保有するWi-Fi通信網を利用するものとなり、”実際に使用したデータ量に応じて毎月の支払額が決定される”、いわゆる「従量課金制」の形態をとる点を最大の特徴としているとのこと。多くの競合サービスが「定額制」を採用する現状では、差別化を図る上では効果的と思われます。

また、先日にはこの新サービスを利用できるのは「Nexus 6」のみとなる可能性も指摘されていますが(過去記事)、今回の情報が事実であれば、それも含めてすべての ”噂” の真相が明らかにされるはず。続報に要注目です。

[The Wall Street Journal via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿