Google、手書き入力アプリ「Google手書き入力」の提供を開始

Googleは17日(現地時間)、”モバイルデバイス上での精確な手書き入力” を実現させるアプリ「Google手書き入力」の提供を開始しました。

記事87.1

82ヶ国語と20の書体に対応するのみならず、数百個にも及ぶ「絵文字」の手書き入力をもサポート。これにより、日本語入力時においても楷書体と行書体の両方を識別することを可能にしています。なお、あくまでも “手書きした文字をそのまま入力する” アプリであり、現時点ではかな入力からの「予測変換機能」などは実装されていない模様です。

また、一般的なクラウドベースの手書き入力サービスとは異なり、このGoogle手書き入力はインターネットとの接続を必要とせず利用できる “スタンドアロン型” のアプリとなりますが、一方でより精確に入力したいユーザーに対しては、クラウドベースの変換機能を利用できるようにするオプションも用意されているとのこと。

記事87.2

中国語やタイ語などの、複雑で難解な言語にも対応

既にGoogle Playストア上での無償提供が開始されており、現時点でのレビューを見る限りでは、文字の認識精度はまずまず好評価な一方で、使用感や操作性へはある程度の不満が残る模様。気になる方は、下記リンク先(右)をご参照ください。

[Neowin / Google Playストア]

ソーシャルシェア

コメント投稿