「HTC Butterfly 3」のスペック情報がベンチマークサイト上で見つかる

Phone Arenaは24日(現地時間)、台湾HTCが日本市場向けに提供を計画していると見られる「HTC Butterfly 3」のスペック情報が、CompuBenchベンチマークのデータベース上に新たに発見されたことを伝えています。

記事122.1

スクリーンショットを確認する限りでは、HTC Butterfly 3とされる端末のモデルナンバーは「J Butterfly HTV31」となる模様。過去に国内で発売されたButterflyシリーズの例に倣うならば、「J」を冠するこの端末は ”日本市場限定モデル” として準備されているものと思われます。

なお、以下は今回判明した主なスペック。

OS Android 5.0.2
ディスプレイ 5.1インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ
SoC Qualcomm 1.9GHz駆動 64-bit
オクタコア Snapdragon 810
GPU Adreno 430
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 2,000万画素
フロントカメラ 1,300万画素
ワイヤレス Bluetooth
Wi-Fi
NFC

全体的に非常にハイスペックな端末となりますが、注目すべきは「1,300万画素」を誇るフロントカメラの存在でしょうか。画素数もさることながら、「4Kビデオ」を撮影することも可能という、非常に高性能なカメラモジュールが採用されている模様です。

また、ディスプレイのサイズは5.1インチとされていますが、過去の情報では「5.2インチ WQHDディスプレイ」が搭載される見込みとされており(過去記事)、CompuBench側の表示ミスである可能性をPhone Arenaは指摘しています。

記事122.2

画像は「Butterfly 2」のもの

なお、先月末には ”Butterfly 3は4月ないし5月中にも、KDDIから正式に発表される見込み” との情報も伝えられており(過去記事)、その登場は思いのほか間近に迫っているのかもしれません。残念ながら、「HTC One M9」の国内発売を期待していた方は肩を落とすことになりそうです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿