Huawei P8、Kirin 930ではなく「Kirin 935」を搭載か ―GPUを強化

Phone Arenaは4日(現地時間)、中国Huaweiより4月15日にロンドンで正式に発表される見込みの次期フラッグシップモデル「P8」においては(過去記事)、「Kirin 935」なる未発表のSoCが採用されている可能性が、新たに指摘されたと伝えています。

記事18.1

以前にリークされた「P8」の実機画像

先月末には、省電力性能に秀でた「Cortex A53」コアと、その駆動周波数を高めてより高い性能を追求した「Cortex A53e」なる独自CPUコアによりbig.LITTLE構造を実現した、オクタコアSoC「Kirin 930」を発表しています(過去記事)。

今回伝えられるところによると、Kirin 935においては ”より強化されたGPU” が統合されているとのこと。なお、Kirin 930には英ARM製の「Mali-T628MP4」が採用されています。そのほか、P8のメインカメラには「IMX278」というソニー製の1,300万画素センサーが採用される可能性が、今回新たに指摘されたことをPhone Arenaは伝えています。

記事18.2

以前リークされたKirin 940とKirin 950のスペックシート

既に「Kirin 940」と「Kirin 950」なる、Cortex A72ベースの次世代SoCの存在はリークされていましたが(過去記事)、Kirin 935の存在は今回初めて指摘されることとなりました。個人的には、信憑性は ”眉唾” レベルのようにも思えるのですが、万が一ということもあり得ます。15日のプレスイベントに要注目です。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿