「iPad Pro」と「iPad Air 2」のサイズ比較画像が公開される

Phone Arenaは19日(現地時間)、米アップルから今年後半にも発表される見込みの大型タブレット端末「iPad Pro」と、昨年10月に発売された「iPad Air 2」とのサイズ比較を行った画像が新たに公開されたことを伝えています。

記事98.1記事98.2

今回の画像はフランスのメディア「NoWhereElse」によって公開されたものですが、画像の中ではiPad Proのものとされる専用カバーケースを用いて、iPad Air 2とのサイズ比較が行われています。

なお、とあるドイツのメディアは、このケースの外形寸法が「307(W) × 222(D) mm」であると計算によって導き出したとのことですが、これは過去に伝えられたiPad Proの実際の外形寸法とされる「305.7(W) × 222.6(D) × 7.2(H) mm」とほぼ合致する値となります。

記事98.3

側面部に「USB Typc-C」ポート用とされる空洞を確認

また、このケースの上下部にはステレオスピーカー用に設けられた4つの空洞が確認され、側面部には「USB Type-C」ポートの為と目される孔が存在しています。

上の外形寸法の件も含めて、概ねこれまでに伝えられるiPad Proの特徴とも合致しており、このケースが ”本物” ないし、実物に限りなく近い贋物であると判断しても良さそうな印象。

12.9インチと9.7インチ。数字の上ではいかに大きさが異なるかは分かっていたつもりですが、こうして改めて画像で比較してみるとその差の大きさが実感できます。果たして、いつ頃正式に発表されることになるのでしょうか。WWDC 2015ではまずあり得ないとは思いつつも、せめて何らかの ”ヒント” が開示されることに期待したいところです。

[NoWhereElse via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿