「LG G4」のカメラで撮影した公式サンプル画像が公開される

Phone Arenaは28日(現地時間)、本日正式に発表された最新フラッグシップモデル「LG G4」のカメラを使用して撮影された公式サンプル画像が、新たに公開されたと伝えています。

新開発の「1,600万画素センサー」と「f/1.8」のレンズに加え、新たにカメラモジュール脇のLEDフラッシュの直下に「色スペクトラムセンサー(Color Spectrum Sensor)」を搭載。このセンサーの働きにより、あらゆる撮影条件においてより適切なホワイトバランスを算出し、より自然で精確な色合いの画像を撮影することを可能にしているとのことです。

公開されたサンプル画像を見る限りでは、全体的に解像感と色再現性の高い写りをしている印象を覚えます。夜景に関しても、スマートフォンで撮影した画像としては、十分に及第点を与えられるクオリティであると評価しても良さそうです。

記事141.3

また、光学式手ぶれ補正機構(OIS)やレーザーAF機能など、「LG G3」においても実装されていた機能にはより磨きがかけられているほか、標準のカメラアプリ自体も大幅に刷新されています。より細かい設定の変更を可能にするマニュアルモードのほか、スリープ状態からわずか数秒をカメラを起動させるジェスチャー機能も、今回新たに実装されました。

搭載されるSoCの性能こそ、「Snapdragon 810」を採用する他のライバル端末たちに一歩劣るものの、端末としての全体的な完成度ではまったく引けを取っていない印象。5月末頃にも発売される見込みですが、果たして世界的なヒットを記録したLG G3同様に、多くのユーザーから好意的な反応で受け入れられるのか。続報に要注目です。

なお、今回公開されたサンプル画像は、こちらのGoogle Driveページでフル解像度のものが公開されています。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿