LG G4の端末情報を捉えたスクリーンショットがリーク ―Snapdragon 808搭載か

Phone Arenaは17日(現地時間)、今月28日に正式発表を控える「LG G4」に搭載されるSoCに関する情報を捉えたスクリーンショットが、新たにリークされたことを伝えています。

記事84.1

こちらは、LG G4とされる端末上で実行された「CPU-Z」(端末のCPUやGPUなどのハードウェア情報を表示するソフトウェア)により得られた、”LG G4に搭載されているSoCの情報” になります。

画像上部にはっきりと「Snapdragon 808」の文字が確認できるほか、コア数や駆動周波数、統合されるGPUについての情報も明らかにされています。

ただしCPUコアのアーキテクチャを示す項目には「Krait 450」と表示されているものの、本来Snapdragon 808は2つの「Cortex A57」コアと4つの「Cortex A53」コアから構成されるヘクサコア(6コア)SoCですので、これはおそらくCPU-Z側の ”表示ミス” であると思われます。

記事79.1

先日LGによって公開された「LG G4」のティザー画像

なお、同様の情報は既に過去にも指摘されており(過去記事)、多くのユーザーが何かの間違いであることを願っていました。しかし一方では、既にとあるLGの幹部より、”LG G4よりも上のクラスの端末が計画されている” ことが明言されており、「LG G4 Note」として登場するとも伝えられる(過去記事)その端末との差別化を図る為に、あえてSnapdragon 810の採用を見送ったといったところでしょうか。

とはいえ、LGから正式に発表された訳ではありません。最後まで希望は捨てずに、続報に期待したいと思います。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿