MediaTek、半導体メーカーAITの買収を発表 ―さらなる事業拡大へ

CTIMESは10日(台湾時間)、台湾MediaTekが、同じく台湾に籍を置くAlpha Imaging Technology Corp.(AIT)を、およそ20億6千万台湾ドル/TWD(約79億円)で買収する計画が正式発表されたと伝えています。

記事55.1

AITは、スマートテレビなどに搭載されるWebカメラや各種デジタルビデオカメラ、そして、スマートフォン向けカメラに至るまで、幅広い製品に搭載されるISP(イメージシグナルプロセッサ/画像処理プロセッサ)やMMP(マルチメディアプロセッサ)関連の製品を開発する企業。今回の買収により、今後MediaTekから発表される新型SoCにおいては、各種映像処理に関するパフォーマンスの向上が実現するが期待されます。

なお、実際の買収はMediaTekの子会社であるMStar Semiconductorsによって行われ、AITはMstar Semicondutorsの子会社として位置づけられる形になるとのことです。

過去には米AMDとの間に新たなパートナーシップが形成されている可能性が指摘されたり(過去記事)、他に先んじて英ARMの次世代CPUアーキテクチャ「Cortex A72」を採用したSoCを発表したりと(過去記事)、米クアルコムを筆頭とするライバル達を追い抜かす勢いであるMediaTekの ”攻勢” には目を見張るものがあります。SoCのシェアを左右する部分として、価格はもちろんのこと画像処理部分などの処理性能・サポートの充実具合が大きなウェイトを占めているだけに、今回の買収劇は大きくプラスに働くとみられ、今後のSoC市場をめぐる動向に注目が集まります。

[CTIMES via GSMDome]

コメント投稿