MediaTek製クアッドコアSoC「MT8163」、AMD製のGPUを搭載か

WCCFtechは3日(現地時間)、米AMD製のGPUを統合していると目される台湾MediaTek製の未発表SoC「MT8163」のデータが新たにGFXBench上に発見されたことを伝えています。

記事24.1

今回GFXBench上に登録されていたデータ内に、「Sapphire-lit」というコードネームが与えられた未知のGPUを搭載する、MT8163なるクアッドコアSoCを搭載する開発用ボードの存在が確認されました。残念ながら今回発見されたデータからは、この謎のGPUが本当にAMDの手掛けたものであるかを判別することはできませんでした。

しかし先日に伝えられた情報や(過去記事)、AMDの最新モバイル向けGPUシリーズにおいては、「Topaz」(トパーズ)や「Amethyst」(アメジスト)、「Opal」(オパール)などの ”宝石の名前” がコードネームに使用されていることなどからも、Sapphire(サファイア)の名を冠するGPUがAMD製である可能性は高いと思われます。

もしかすると、このMT8163は開発中のプロトタイプに過ぎないのかもしれませんが、噂される ”AMD製GPUを採用したMediaTek製SoC” は思いの外早く登場することになりそうで、何とも楽しみな限りです。

[WCCFtech]

ソーシャルシェア

コメント投稿