LGの「新型Windows Phone」のレンダリング画像がリーク ―数年ぶりの “新作”

Neowinは15日(現地時間)、韓国LGが米Verzion向けに用意していると見られる「新型Windows Phone」のレンダリング画像が新たにリークされたことを伝えています。

記事78.1

この画像のファイル名から、この端末の名称あるいはコードネームが「Lancet」である可能性が指摘されていますが、真偽の程は現時点では不明です。また画像自体からは、この端末が4G LTE通信をサポートするVerizon向けに用意されたキャリア限定モデルであることや、実装されるOSが「Windows 10」ではなく「Windows Phone 8.1」であることなどを読みとれます。

なお、Neowinが指摘するところによると、スクリーン上に配置されるタイルの大きさから判断して、おそらく「4.5から5.0インチ」程度のディスプレイが採用されている見込みとのこと。そのほか、この端末のスペックや登場時期などについての一切の詳細については判然としませんが、OSにWindows Phone 8.1を搭載していることからも、少なくともWindows 10の正式リリース前までにはLGより発表されることになるものと思われます。

記事78.2

また、何の根拠もな印象論にすぎませんが、上の画像からはあまりハイエンド級端末に特有の ”高級感” や ”高い質感” のようなものが感じられず、おそらくはミッドレンジ級端末以下を担うデバイスとして登場するのではないでしょうか。

この画像がまったくの ”フェイク” である可能性を排除することはできませんが、LGとして実に数年ぶりとなる新型Windows Phoneの登場には期待せざるを得ません。Windows 10の登場を1つの契機として、「Lumia」ブランド以外のWindows Phoneが市場に多く出回ることに大いに期待したいところです。

[Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿