Oculus Rift、2015年内には発売されず…FacebookのCFOが明言

Fudzillaは27日(現地時間)、米Oculusが2015年内の発売を謳っていたVRヘッドセット「Oculus Rift」の計画が延期され、年内の販売開始は絶望的になったと伝えています。

記事136.1

Oculus Riftの最新プロトタイプ「Crescent Bay」

伝えられるところによると、Oculusの創業者であるパルマー・ラッキー氏にOculus Riftの発売時期を質問したところ、氏は回答を拒否したとのこと。以前には ”2015年内にも発売を開始する” ことを豪語していた氏でしたが、どうやら当初の予定から少なからず計画にズレが生じてしまっている模様です。

また、Oculusを買収したFacebookのCFO(最高財務責任者)であるデイヴィッド・ウェーナー氏は2015年第1四半期の収支報告の場において、”Oculus Riftは現在まだ開発のごく初期段階にあり、年内に出荷を開始する計画は一切存在しない” と明言したこともFudzillaは伝えています。

昨年末頃には、OculusのCEO自ら同社製のVRヘッドセットの登場が間近に迫っていることが明らかにされていただけに(過去記事)、今回の情報は非常に残念な限り。ライバルとなるであろうソニー製の「Project Morpheus」も2016年上半期中の発売が予定されており(過去記事)、どうやら魅力的なVRヘッドセットを実際に手に出来るのは、まだしばらく先のこととなりそうです。

[Fudzilla]

ソーシャルシェア

コメント投稿