iOS版One DriveアプリがApple Watchに対応 ―最新アップデートで

米マイクロソフトは18日(米国時間)、同社のクラウドストレージサービス「One Drive」を利用するためのiOS版アプリを更新し、iWatchなどに対応した。

最新版のバージョン5.3では、主にApple Watch対応が中心となっている他、ユーザーからのフィードバックを反映したPDF周りの強化が行われている。

  • Apple Watchにおいて、最新の写真の参照および不要な写真の削除
  • Apple Watchにおいてタグによる写真の検索
  • Apple Watchにおいて、アルバムの参照
  • iPhoneまたはiPadから直接PDFを印刷
  • PDF内のテキスト検索
  • スワイプによるページ移動

上記が公式で明らかになっているアップデート内容。今月24日に発売予定のApple Watchに先駆けてOneDriveアプリが先行対応した形となる。

amazon-cloud-drive

クラウドストレージサービスをめぐっては、シリコンバレー企業が熱い戦いを繰り広げており、つい先日には米Amazonが「Amazon Cloud Drive」の容量無制限化を発表したばかり。写真やビデオであれば約12ドル/年額、ファイル形式フリーであれば約60ドル/年額で利用できるという破格のサービスだ。

なお、無制限の先陣を切ったのはマイクロソフトのOne Driveで、Office 365(含む、Business)を利用しているユーザーであれば無制限でストレージを利用することができる。対抗馬になるはずであったアップルのiCloudは容量・価格共にライバル他社から2歩以上遅れている状況であるが、6月に開催が決まったWWDC 2015においてサプライズ発表はあるのであろうか。

[Microsoft News]

ソーシャルシェア

コメント投稿